よなハック

与那覇竜太です。殻を破る、1歩を踏み出す、予定調和を超える2018年にします。

地に足つけてもがいていくこと

20180728


こんばんは。
本日も徒然と書いていきたいと思います。

徒然と書くので、読みにくいかも。
流れてくる思考を書いていきたいと思います。



まず、有難い。
ここ一週間は、なぜか本当に心の底から感謝の気持ちでいっぱいです。
新しい経験、新しい出会い、新しい思考、新しい知識、毎日毎日想像も出来なかったような体験を積んでいます。


本日は、真寿斗、倫也、和真、希和さんとご飯。
これが本当に面白かったな~。
色々バカな話をしつつも、こういうふうにArtistic Athlete(s) を持っていきたいという意思表示をすると、個々人から各々の意見が出てくる。

f:id:ryuta-wrestling:20180729000452j:plain

そうしてセッション的にこの2ヶ月がどうだったか。今後なんのためにArtisticAthlete(s)をやっていくのか、なぜやるのか、何を実現したいのか、そのために何をやるのか等々、いろいろと議論をすることができました。


まあ1-2時間話したから何かが生まれる訳でもなくて、これからどうして行くかという問が生まれたという感じです。


そうして生まれた問いに向き合うことで答えが出てくるというのも最近は強く感じることなので、1歩前進だと思います。


答えが必ずあるわけではなく、時代の変化とともに移り変わりゆく人々ニーズに、一アスリートとして、スポーツ以外の文脈でどうアプローチしていけるか。


遠回り的な思考であることは主観的にも客観的にも明らかだとは思いますが、だからこそ自分たちの立ち位置を明確にし、勝負できるのではないかと思います。


コンセプト自体が生まれて2ヶ月経たない小さなものなので、まだまだここからだと思います 。


七転び八起き、億転び兆起きの精神で、成功失敗問わず成果を出し続けることが何よりの近道。


ただひたすら楽しみながら、充実感を得ながらやっていきたい。


そして、本日は研究がまた進んだ1日でした。
何事に取り組むにも、ただがむしゃらに取り組むのではなく、定期的にその取り組みに塾達した人にアドバイスをもらうことで、下手に回り道をせずに目指すゴールに向かっていけると思います。


研究においては、小高さんに本当にお世話になっている。少しずつしか進んでいかない現状にもどかしさも感じますが、知的生産というのはそういうものなのかもしれない。

考えに考え、考え抜いた末に、研ぎ澄まされたアウトプットが出るものかと。

目に見える結果が出ないからと焦らず、考えることに焦点を当てて進めていきたい 。


などなど。
今日はこんな感じかな!

明日は午前中Yabõ、午後がチムドンドンプロジェクトと、並列で走らせていた2つのプロジェクトの試運転を行います。


楽しみだー!!


こうやって少しずつ、地に足つけてもがいていくことが大事なんだろうなー!