よなハック

”ガッツマン”こと与那覇竜太です。雪玉コロコロ2020。

エネルギー

20200920

 

 

-----------------

 

絶好調、そして順調です。

 

最近は自分自身の「エネルギー」を意識している。

 

というのも、少し前に、「あぁ、関わることで自分の意識がプラスに向く人もいれば、マイナスに向く人もいるなぁ。自分自身は関わる人々にプラスのエネルギーを感じ取ってもらえるよう、心がけよう。」と思ったから。

 

若干の背景を記したところで、エネルギーについて論点を分けた上で振り返りたい。

 

論点1)エネルギーとはなんぞや

論点2)エネルギーに意識を向けるとは具体的に何をするのか

論点3)エネルギーに意識を向けることで期待される効果

 

 

論点1)エネルギーとはなんぞや

これについては、冒頭書いた通り。

「エネルギー」を辞書で引いてみると、

① 力。力を出すもと。精力。活動力。 「試合にそなえて-を蓄えておく」 「 -を消耗する」
② 物理量の一。物体や物体系がもっている仕事をする能力の総称。力学的仕事を基準とし、これと同等と考えられるもの、あるいはこれに換算できるもの。力学的エネルギー(運動エネルギー・位置エネルギー)、熱エネルギー、電磁場のエネルギー、質量エネルギーが代表的なもの。
③ 動力資源。 「 -の節約」

 

そもそも、全ての物事はエネルギーを動力源として動いている。

そして人間自体もエネルギーの塊であると認識しております。

 

その上で、 人が持つエネルギーを大きく2つに分けると

・プラスのエネルギー

・マイナスのエネルギー

に分かれる、と思うんですよね。

 

関わることで、元気をもらえるような(=プラスになる)人もいれば、思考・感情がマイナスに向くような人もいる。

 

この違いが、プラス / マイナス という表現になります。

 

エネルギーとはなんぞや?

という問いに立ち返ると、

要は、

・そもそも人間はエネルギーの塊である

・エネルギーにはプラス / マイナス がある

ということです。

 

論点2)エネルギーに意識を向けるとは具体的に何をするのか

次に、エネルギーに意識を向けるとは?という話です。

 

人はそもそもエネルギーの塊であり、関わる人々にプラスの影響を与えることもあれば、マイナスの影響を与えてしまうこともある。と認識し、

 

「自分はプラスな影響を与える人間でありたい」

 

と思いました。

 

そこで、「自分自身が常に最高の状態でいるには」と考えました。

結論から言うと、

・自分自身のエネルギーに意識を向け、観察する

・心身共に最高な状態で居られるようメンテナンスを行い続ける

ことが大事です。

 

「自身のエネルギーの状態を観察」→「メンテナンス」=常に最高な状態をキープ

 

それしかない。

 

具体的には、

・エネルギーが良い状態の時:全力でやりたい&やるべきことをやる

・エネルギーが悪い状態の時:休息&リラックス&リフレッシュ

 

という感じ。あんま具体にならんが、自分の場合は、

・横になる

・飯を食う

・運動する

・銭湯に行く

・会いたい人に会う

が休憩&リラックス&リフレッシュ。

 

そんな感じで、常に自分自身が良い状態であることをキープします。

 

論点3)エネルギーに意識を向けることで期待される効果

これは冒頭のツイートにも書いてあるんですが、

 

自分自身が最高な状態でいると、思考・行動の調子も良く、結果も自ずと付いてくる感覚があります。

 

「思考・行動のレベルを上げるぞ」

「成長するぞ」

という意識ではなく、

 

「自分が良い調子でいる」ことによって、

自然と思考・行動の質が上がるのは面白い感覚だな、と感じております。

 

 

ロジック的には、

・思考&行動の質を上げる→結果が出る

 

ではなく、

 

・自分自身が最高の状態でいる→思考・行動の質が上がる→結果が出る
(状態→パフォーマンス→結果)

 

という感じではないしょうか。

 

結果を出すためには、自身の状態を良くすることが良い気がしている。

 

ーーーーーーーーー

 

てなわけで、エネルギーについて、持論で講釈をたれてみるのでした。

 

引き寄せの法則

・思考は現実化する

 

とかで科学的に解明されていると思うので、文献にもあたってみたい。

 

おしまい

 

ーーーーーーーーー

 

追記。

自分自身は「何を学べるか」で仕事・組織を選択した。

 

自身の実現したい生活・仕事をイメージし、イメージに至るプロセスを描いた上で経験し・学び、自分の好き&得意なことで糧を得られるだけの能力を身に付け、好きなことをしながら生きていく、というのが私にとっては理想的。

 

一方、「いくら稼げるか」で仕事を選んでいたら、給料は良いけど、やりたくもないことをやって、自分の伸ばしたい能力を伸ばせるわけでもなく、給料に比例して生活水準も上がり、生活水準下げたくないから、やりたくないことをやって生きていくしかない、というプロセスにハマるかもしれない。との思考に至る経験あり。

 

「自分自身の生き方を肯定したい」のかもしれないが。

 

 

ーーーーーーーー

 

追記2

自分読み返してみたら、冒頭で離脱しかけた。
読みやすいリズム、言葉遣い、文章の構成、を工夫する必要があるな。

エネルギー

20200920

 

 

-----------------

 

絶好調、そして順調です。

 

最近は自分自身の「エネルギー」を意識している。

 

というのも、少し前に、「あぁ、関わることで自分の意識がプラスに向く人もいれば、マイナスに向く人もいるなぁ。自分自身は関わる人々にプラスのエネルギーを感じ取ってもらえるよう、心がけよう。」と思ったから。

 

若干の背景を記したところで、エネルギーについて論点を分けた上で振り返りたい。

 

論点1)エネルギーとはなんぞや

論点2)エネルギーに意識を向けるとは具体的に何をするのか

論点3)エネルギーに意識を向けることで期待される効果

 

 

論点1)エネルギーとはなんぞや

これについては、冒頭書いた通り。

「エネルギー」を辞書で引いてみると、

① 力。力を出すもと。精力。活動力。 「試合にそなえて-を蓄えておく」 「 -を消耗する」
② 物理量の一。物体や物体系がもっている仕事をする能力の総称。力学的仕事を基準とし、これと同等と考えられるもの、あるいはこれに換算できるもの。力学的エネルギー(運動エネルギー・位置エネルギー)、熱エネルギー、電磁場のエネルギー、質量エネルギーが代表的なもの。
③ 動力資源。 「 -の節約」

 

そもそも、全ての物事はエネルギーを動力源として動いている。

そして人間自体もエネルギーの塊であると認識しております。

 

その上で、 人が持つエネルギーを大きく2つに分けると

・プラスのエネルギー

・マイナスのエネルギー

に分かれる、と思うんですよね。

 

関わることで、元気をもらえるような(=プラスになる)人もいれば、思考・感情がマイナスに向くような人もいる。

 

この違いが、プラス / マイナス という表現になります。

 

エネルギーとはなんぞや?

という問いに立ち返ると、

要は、

・そもそも人間はエネルギーの塊である

・エネルギーにはプラス / マイナス がある

ということです。

 

論点2)エネルギーに意識を向けるとは具体的に何をするのか

次に、エネルギーに意識を向けるとは?という話です。

 

人はそもそもエネルギーの塊であり、関わる人々にプラスの影響を与えることもあれば、マイナスの影響を与えてしまうこともある。と認識し、

 

「自分はプラスな影響を与える人間でありたい」

 

と思いました。

 

そこで、「自分自身が常に最高の状態でいるには」と考えました。

結論から言うと、

・自分自身のエネルギーに意識を向け、観察する

・心身共に最高な状態で居られるようメンテナンスを行い続ける

ことが大事です。

 

「自身のエネルギーの状態を観察」→「メンテナンス」=常に最高な状態をキープ

 

それしかない。

 

具体的には、

・エネルギーが良い状態の時:全力でやりたい&やるべきことをやる

・エネルギーが悪い状態の時:休息&リラックス&リフレッシュ

 

という感じ。あんま具体にならんが、自分の場合は、

・横になる

・飯を食う

・運動する

・銭湯に行く

・会いたい人に会う

が休憩&リラックス&リフレッシュ。

 

そんな感じで、常に自分自身が良い状態であることをキープします。

 

論点3)エネルギーに意識を向けることで期待される効果

これは冒頭のツイートにも書いてあるんですが、

 

自分自身が最高な状態でいると、思考・行動の調子も良く、結果も自ずと付いてくる感覚があります。

 

「思考・行動のレベルを上げるぞ」

「成長するぞ」

という意識ではなく、

 

「自分が良い調子でいる」ことによって、

自然と思考・行動の質が上がるのは面白い感覚だな、と感じております。

 

 

ロジック的には、

・思考&行動の質を上げる→結果が出る

 

ではなく、

 

・自分自身が最高の状態でいる→思考・行動の質が上がる→結果が出る
(状態→パフォーマンス→結果)

 

という感じではないしょうか。

 

結果を出すためには、自身の状態を良くすることが良い気がしている。

 

ーーーーーーーーー

 

てなわけで、エネルギーについて、持論で講釈をたれてみるのでした。

 

引き寄せの法則

・思考は現実化する

 

とかで科学的に解明されていると思うので、文献にもあたってみたい。

 

おしまい

 

ーーーーーーーーー

 

追記。

自分自身は「何を学べるか」で仕事・組織を選択した。

 

自身の実現したい生活・仕事をイメージし、イメージに至るプロセスを描いた上で経験し・学び、自分の好き&得意なことで糧を得られるだけの能力を身に付け、好きなことをしながら生きていく、というのが私にとっては理想的。

 

一方、「いくら稼げるか」で仕事を選んでいたら、給料は良いけど、やりたくもないことをやって、自分の伸ばしたい能力を伸ばせるわけでもなく、給料に比例して生活水準も上がり、生活水準下げたくないから、やりたくないことをやって生きていくしかない、というプロセスにハマるかもしれない。との思考に至る経験あり。

 

「自分自身の生き方を肯定したい」のかもしれないが。

1年後の自分 / 恩師の教え

20200916(木)

 

本日9/16は溝渕選手のお誕生日。

おめでたいことこの上なし。

 

ーーーーーー

 

本日、日中は仕事。

 

ここ2週間、昼夜土日関係なく頑張り続けた結果、若干燃え尽き気味の火水木。

 

人生/仕事 共に短距離走ではなくマラソンであることを再認識したい。短い時間軸の中で瞬発的なパフォーマンスを発揮することを良しとするのではなく、長い時間軸の中でいかに高いパフォーマンスを継続するか。

 

「頑張りました。だから疲れてます。」

 

それは当たり前。

 

高いパフォーマンスを維持できるよう、ペース配分を考慮したスケジュールを組みつつ、日常の中に身体・精神のケアを組み込んでおく必要がある。

 

「楽しくやってます!元気です!」

 

と、常に偽りなく本心で言えるよう意識したい。

 

 

ーーーーーー

 

本日は、

・9:00-19:00:仕事

・19:30-20:30:銭湯

・20:30-21:00:散歩 兼 帰宅

・21:00-22:00:ランニング&筋トレ

・22:00-25:00:リラックスタイム

・25:00-26:00:ブログ更新中

というスケジュール。

 

本日に限らず、最近は、

 

仕事でドーパミン&アドレナリン分泌。

 

銭湯でセロトニンオキシトシン&βエンドルフィン分泌。

 

ランニング&筋トレで身体のメンテナンス。

 

リラックスタイムにてシンプルに回復。

 

といったリズムで動いている感じ。

 

仕事が消化しきれない時は、銭湯とランニングの時間を仕事にあてている。

 

良いリズム。

 

余談だが、最近は、仕事&銭湯が最高のエンターテインメントと化している。

 

ーーーーーー

 

本日は銭湯で熱湯と水風呂の交互浴を5セットほど。

 

良い感じにキマった。

 

そして、約一年後の自分のビジョンが湧き出てきた。

 

「全ての人・組織を成功に導く」

(言葉は今後精査)

 

を実現している自分自身が明確にイメージできた。

 

そして、何がその成功に繋がっているかを鑑みてみると、やはりこれまで出会って恩師たちの影響が非常に大きいと感じた。

 

・小学校時代の柔道の恩師 花城先生「継続は力なり」

・中学時代の学年主任 加代子先生「やればできる」

・小中高のレスリングの恩師 屋比久先生「いくらチャンピオンになっても、応援される&喜んでもらえる人間でなければ価値はない」

 

この辺りの教えが自分自身の軸になっている故に、自己効力感高く前向きに進んで行けるし、出会った人々ポジティブな関係性を築いていけるのだと思う。

 

余談だが、パンダ保育園の理念「あそべあそべ、もっとあそべ」の影響も人格の根底にあるだろう。

 

あと、両親が常に私自身の選択を尊重し、応援してくれたことも大きいだろう。

 

ーーーーーー

 

また、自分自身が次の世代の人達に伝えられることがあるとすれば「自分がやってみたいと思うことに近づく何かを、今日一日どんなに少しでも良いからやってみる」と伝えたい。

 

意図としては、「何を伝えられるだろう?」と考えてみた時に、「積極的に挑戦する」とか「常にご機嫌でいる」とかありきたりなモノが思い浮かんだので、「せっかくなら人があんまり言わないことを言おう〜」という意図。

 

「まずやってみる」

 

千里の道も一歩から。のように、まずやってみることで自分の中で何かが変わる。

 

その変化や、自分自身がやりたいことに向かう時に湧き出てくるエネルギーに敏感になって欲しい。

 

まず少しでも何か行動してみることで、人生良くなっていくから。

 

と思います。

 

ーーーーーー

 

長くなりましたが、良い感じに内省が深まったのでメモでした。

 

今日も良い一日でござんした。

 

明日も一日!!

 

おしまい。

 

さあ、明日からも頑張りますか!

20200914

 

 

ーーーーーー

 

 

表題の通り、全てが順調。

 

努力が結果に繋がるようになってきた。

 

また、どこを伸ばせば良いかも分かってきた。

 

ただがむしゃらに食らいつくフェーズから、自分自身で創意工夫するフェーズへ。

 

ここまで来れたら自分の勝ちパターンをひたすら形成していくことに焦点をあてる。

 

・どうすれば上手くいくのか?

 

を問い続けながら、トライアンドエラーを重ねる。

 

自分自身の成功/失敗を分析し、再現性を高めていく。

 

一度、勝ちパターン&重点的に取り組むポイントがわかれば、いかにその土俵で闘えるようにするか。

 

抽象的な表現になるが、結局、物事を上手くいかせるためには、

 

・成功をイメージ

・成功に至る過程をイメージ 

・まず一歩を踏み出す

・進みながら、壁にぶつかったら壊すなり乗り越えるなり回り込むなりする

・成功する

 

これが大事。

 

ありがたいことに色々と相談をもらう機会があるが、

 

一歩を踏み出すのに躊躇してたり、壁にぶつかってさっさと諦めてるケースも少なくない。  

 

・どうやったらできるか?

 

を問い続ける持久力と、壁を打破する突破力と、突破できなくても諦めないことが必要。

 

 

ーーーーーー

 

今日は仕事を終え、ランキングからのサウナ。

 

2週間ぶっ通しで働いたので、心身のリフレッシュ。

 

サウナ後瞑想してたら、恩師の花城先生の顔が思い浮かんだ。小学校時代の柔道教室の先生だが、ご縁があって現在は私の出身中学で柔道部の外部顧問を務めているらしい。

 

「継続は力なり」

 

これが花城先生の教え。

 

花城先生から柔道を習っていたのはもう14年も前になるが、今、その教えが仕事でとても生きている。

 

基礎を徹底。周囲への感謝と謙虚さを忘れず、努力を積み重ねる。

 

そうして実力がつけば、結果は自ずと付いてくる。

 

弱小チームから、沖縄で優勝を争うチームまで作り上げたあの時の経験が、今、仕事で生きている。

 

ーーーーーー

 

また、「継続は力なり」と自分に言い聞かせるだけでなく、

 

「継続が力になり、結果が出た」経験があるのが強いのだろうな。

 

厳しい状況にあっても、腐らず、前を向いて進んでいける。

 

基礎を徹底、感謝と謙虚さを忘れず、努力を積み重ねれば、結果が付いてくることを身をもって経験しているから。

 

厳しい状況に置かれたとしても、それは過程であって、いつまでも厳しい状況が続く訳では無い。厳しい状況の先に結果が付いてくる。と知っているから。

 

ーーーーーー

 

小学校時代、柔道の大会で自分の試合前、花城先生が側を離れた時に、自分の試合が回ってきた。

 

相手は強敵。

 

文字通り瞬殺された。

 

「もう終わったのか!?」

 

と驚きの花城先生。

 

それから努力を重ね、その強敵に勝つに至った。

 

小学校時代の上記経験があるから、レスリングでも大学院でも、努力し続けることが出来たのかもしれない。

 

ーーーーーー

 

長くなったが、言いたいことは、

 

やっと仕事でパフォーマンスが出せるようになってきた。

 

ということ。

 

そして、その根底には小学校時代の恩師の教えがあるのだな。

 

ということ。

 

今日は自分の中に確かな手応えがある。

 

ぶっちゃけ、今日に至るまでには苦しい時期もあった。

 

必死に食らいつき、自分のパフォーマンスが出せるようになってきた今、やっと自分の成長を感じられている。

 

やっと今、全てが順調。

 

次に伸ばすべき能力もわかってるし、まだまだ自分自身に可能性があることを非常に感じる。

 

さあ、また明日からも頑張りますか。

 

おしまい!

 

P.S

自分自身がパフォーマンスを発揮することはもちろん、花城先生のように人の可能性を引き出せる大人になりたいものです。14年経っても尚、当時の教えが色濃く自身の血肉になっているとは感慨深い。自分自身は、下の世代に何が出来るか。何を残せるか。

 

また、人間はそもそもエネルギー体。仕事でも、良い感じに自分のエネルギーを使えるようになってきた感。