よなハック

与那覇竜太です。殻を破る、1歩を踏み出す、予定調和を超える2018年にします。

未知なる世界に踏み出すわくわく感

 

0129!

 

起床後、千の顔をもつ英雄を読み進める。

 

様々な神話も、様々な民族で語り継がれる伝説にも、そのパターンがある。とのこと。

 

ディズニーはこの「千の顔をもつ英雄」を元にストーリーのフレームを作って、そのフレームに沿って脚本を練ったりしていたらしい。

 

その後、大学院へ!

ゆたかさんと2018年の目標設定会を行いました。

 

2017年を振り返り自分自身の価値観を抽出。

 

そこから、2019年元旦の理想の状態をイメージし、そうなるための2018年の出来事を書き出す。

 

 

振り返りでは、出来事と自分自身の感情・気持ちを整理したうえで、2017年の四半期ごとにテーマを付ける。その上で2017年全体のテーマを設定し、2017年はどんな1年だったかを一言で表しました。

 

僕自身のテーマは、「新しい自分に出会い、向き合った2017」。

 

 

そして、2019年の元旦には、「未知なる世界に踏み出すわくわく感をもっている」ことを理想とし、そうなるための2018年の出来事書き出す。

 

 

目標設定一つにしても、単にTODOを書き出すだけでなく、

 

自分自身の価値観を抽出→その価値観をもって2019年の元旦にどういう状態でありたいかを策定→そうなるための2018の出来事を書き出す→その出来事が実現するための自分自身のアクション→そのアクションをできそうと思えるところまで細分化

 

 

というように目標設定のプロセスがデザインされているがおもしろかった。

 

 

普段は、現状から未来のことを考えたり過去のことを考えたりすると、不安になったり後悔したりするので、今に集中するように心がけています。

 

 

しかし、時間軸を置いて、価値観に向き合いだすと、その世界に入り込むと言いますか、時間軸から切り離されてもその時間軸上に自分自身が移行できる感覚があって、不安や後悔が湧いてくるようなことがなかったな~と。

 

 

入り込み感があって面白かった。

 

2018年のテーマは、「殻を破り、一歩を踏み出し、予定調和を超える2018」!!

 

 

2019の元旦は、未知の世界にわくわくしながら迎えるぞ~!

 

 

その後、藤沢へ!

大学時代の恩師、富沢先生と会食。

先生もう何歳になられたんですか?

って聞いたら

 

「71歳や。もう終わりや。」

 

て答えてて爆笑した。

 

いろいろお話して、また元気もらいました!

人間的なエネルギーがめちゃくちゃある人なんだよな~!

富沢先生みたいな大人になりたいですな~!

 

 

そして帰宅!

家の片付け!

 

今週は、ちゃんと生活する。

おしまい!