よなハック

与那覇竜太です。殻を破る、1歩を踏み出す、予定調和を超える2018年にします。

26歳頃には多分相当化けてます。

20180802


尊敬する半田先輩から自分史が届きました。

半田先輩とは、専修大学レスリング部の先輩。代としては入れ替わりの代で、半田先輩が専修大学を卒業した直後に私が入学した、という感じです。

僕が専修大学を選んだのも、半田先輩が居たからというのも大きな要素。

絶対王者ではない存在ながら地道に努力を重ね、大学チャンピオンに上り詰めたというサクセスストーリーは色々なところで耳にしていました。

まあそこら辺の経緯は書くと長くなるので置いといて..。



何がかっこいいって、半田先輩の生き方が後進に響くことなんだよな~。

僕以外の後進に響いているのかは知りませんが、少なくとも僕には響いて、僕はまだ半田先輩に憧れ、「オレも後進に響くような生き方をしよう~!!」と思わされるわけです。


まさに、生き方を遺すという生き方。


半田先輩が生きたことによって世の中が良くなっていくという生き方。


半田先輩の生き方から学ぶことは本当に多いのですが、特に学ぶべきは、「自分が生きたからには少しでも世の中をよくしていこう。」みたいな意志を感じられる生き方をしていること。


あまりに愚直に真っ直ぐすぎるので、それを笑ってバカにする人もいるようですが、その愚直な真っ直ぐさが恐ろしいほどの威力を持っていて、ぜんぶ成し遂げちゃう。


良い例えとしては、「ウサギとカメ」かな(恐縮です。)

半田先輩のことを笑う人は「何言ってんだできるわけもないことを。」的なバカにした感覚を含んで笑っていると思いますが、半田先輩はそれを気にするでもなく、自分で決めた目標を目指し愚直に真っ直ぐに、自分の目標に辿り着くまで進み続けるのです。


スタート地点で「できるわけない。」と笑っているウサギを差し置いて。


痺れるぜー!!


大学時代、というか今もめちゃくちゃ面倒見てもらってて、めちゃくちゃ影響を受けてて、間違いなく僕の人格形成に半田守要素は組み込まれている。


僕も奮起してまた頑張ろうと思いました。
真っ直ぐに愚直に自分の目標に向かって進んでいく亀になろ。


ってか半田先輩岡山に移住したのですが、こんなに離れても影響与えられるってすごいな。


ちょっと影響範囲増やせるように工夫してみたいかも。



ー本日の学びー
・企業の社会的責任は、自分たちの草の根活動と、SDGsみたいなめちゃくちゃ抽象度が高いものの間をいい感じのバランスで言語化して、憲章を作成すると共感を生む。
・スポンサーシップ、マーケティング、セールス、ブランディングの違いを知ったこと
経営資源は、人がもたらすということ。出会いは財産。


書きたいことが盛り沢山だけど、眠過ぎてやばいから寝る。眠過ぎてやばい。


そして気づいたら金曜日か。早すぎる。

爆速中の爆速で進めまくるぞ。

殻を破る、1歩を踏み出す、予定調和を超える。

爆速で殻破って、爆速で踏み出して、ネガティブな要因は「ゴンッ!!」ってぶっ潰して行こ爆速で。


充実かつ豊かな気分です。

おしまい!!

P.S.

多分どんなに失敗したとしても、食えないことは無い。つまり死なない。ごはん食べさせてくれる皆さんに感謝!

となればやりまくるだけだなー!


ちゃんと出世払いするので皆さん待っててね~!



26頃には多分相当化けてます。